TOKYOMER走る緊急救命室。 結構面白かった。

今日もドラマ見た。TOKYOMER走る緊急救命室。
結構面白かった。
移植前の心臓を持った医師が災害に巻き込まれながらも心臓を守る…格好良いですね。
自分だったら出来るだろうか。
ああいうドラマって、みんなで命を繋ぐ事がテーマみたいだから、一人でも裏切者がいるとどうにもならない。
というのがk『TOKYOMER走る緊急救命室第4話を見た感想』です。
悪役の厚労大臣とかは今回出て来てませんね。
ちょっと前、『有吉反省会』最終回に「渡部建がサプライズ出演」との記事がありました。
有吉さんからの熱烈な後押しがあったようで、実現にいたるかはまだ不明のようです。
有吉さんと言えば僕ら世代では猿岩石時代に出演した電波少年でのロケがとにかく強烈な印象を残しています。
インターネットが今ほど普及していなかった当時、ヤラセや捏造など中には不適切な内容があったかもしれません。当時の私もリアルタイムで番組を見ていたのでよく覚えています。
バブル崩壊後の何とも言えない空しさを肌で感じつつ、それでも皆が力を合わせて頑張れた時代のように思えました。
今は細分化時代なので同じテレビ番組を友人や知人が見ていることが、もしかすると少ないかもしれませんが、テレビで育った世代としてはガチもヤラセもその人にとってのドラマなのかもしれないと思いました。