難関国家資格ランキング!今取得が難しいと言われる資格はコレ!

国家資格を取得するために毎日勉強している人もいるかもしれません。また将来、挑戦する人もいるかもしれません。
国家資格は取得が難しいというイメージがあり、すべての資格を簡単に取得できるわけではありません。
今回、登録専門家(弁護士、公認会計士、公認税理士、社会保険労務士、弁理士、司法書士、行政書士など)の合格率ランキングをご紹介します。2019年度の各種資格の審査結果に基づきます。
専門知識を必要とする国の資格はそれぞれ異なるため、どの国の資格が最も難しいかを判断することは非常に困難ですが、合格率は資格を取得することの難しさの1つの指標です。
ただし、合格率は、認証の取得の難しさを示す1つの指標です。合格率のランキングを提示しましょう。
①司法書士4.1%
②弁理士6.5%
③社会保険労務士6.8%
④公認会計士11.2%
⑤行政書士 15.7%
1位:司法書士
2019年は、司法書士の合格率が最も低かったです。
受験した15,440人の応募者のうち、合格したのは626人だけで、非常に狭い分野でした。
スコアの分布には大きな違いがあり、単肢選択式と論文の両方に合格点が設定されているため、合格点に達しない人は試験に合格できません。
ただし、年齢、学歴、性別を問わず、誰でも司法書士試験を受けることができ、受験回数に制限がなく、何度も何度も受験できるため、合格率は低くなる傾向にあります。
2位:弁理士
司法書士に次いで、弁理士は合格するのが2番目に難しい資格です。
合格者の平均試行回数は4.2回です。
合格者の約73%は男性であり、大多数の78.8%は科学または工学のバックグラウンドを持っています。合格者の人口統計を見ると、半数以上(31.8%)が特許会社からのものであり、52.5%が会社の従業員です。これは、企業が法務スタッフの深みを増すために、社内で専門知識を持った人材を確保することを目指していることを示しています。
3位:社労士
2019年の社労士試験の合格率は、前年の4.4%から6.8%に上昇しました。
合格率は前年の4.4%から若干上昇しましたが、取得は非常に困難です。
2019年9月末現在、社労士は40,907名登録されており、今回の試験に合格した2,613名は、厚生大臣指定の研修を修了した後、社労士のリストに登録されます。
もちろん、認定取得の難しさは、試験の合格率だけで測ることはできません。
各認定資格には膨大な専門知識が必要であるため、どの試験にも合格するのは簡単ではありません。
しかし、このハードルを乗り越えた皆様には、誇りを持って試験に合格するために最善を尽くしていただきたいと思います。
国家資格は、政府によって認められた主要な資格です。夢に向かって頑張っている皆さん、頑張ってください。
下のページでは、そんな難関資格を取得するため通信講座選びの方法などを解説しています。
一度ご覧いただき国家資格取得のイメージを掴んでいただけたらと思います。
難関資格取得するためのブログ