肩たたきは気持ちいのだ

俺も切った痛みで正気に戻ったんじゃ多分母ちゃんは俺がてんかんを起こしたとか言うとったんやろ多分周りから見たらそう見えたんやろな俺はポカンと口を開けて聞いていた早朝が自分で自分の心臓送ろうとしただなんて胸の白い包帯はそのためかそれ本当かまた俺を怖がらせるための嘘じゃないやろな。
本当じゃ 読みていたなあ肩たたきしてよなんでじゃあ俺もそんな子供と違うやろええじゃろがかなちゃんも疲れとるんよお願いしますじゃないなすっかり酔っぱらいやんけ今日だけじゃ本当は頼まれても絶対にしないがその日はそうちょっと遊んで気分が良かったからトントンと母ちゃんの肩を叩いてあった。
本当に何気なく肩を叩きながら母ちゃんに尋ねたの穴青山に神社ってあるのかこれで母ちゃんに聞くには2度目だった1度は知らないと言われたから別に期待もしていなかった