基準はひとそれぞれです

太っている、痩せているという基準はひとそれぞれであります。
他人から見て痩せていると思われている方でも、自身にとっては太っていると思っている方もいるでしょう。
1kg・2kg太ったとしても、見た目にはわからない程度ではありますが、当事者にとってはかなり太ったと感じる方もいるでしょう。
http://www.kiomediworld.com/
個々により基準はまちまちではありますが、健康を損なう、支障をきたすような体型やせすぎ、太りすぎには注意する必要があるでしょう。
太りすぎであれば、やはり足、足首などを痛めるほどの肥満であったり、無呼吸といった命にかかわる症状が発生となれば
やはり生活習慣、食生活改善が必要といえるでしょう。
やせすぎに関しては、貧血や極度の抜け毛といった症状がでているようであれば、こちらも生活習慣・食生活改善が必要だと考えられます。
標準的な体形であることで、より多くのメリットがあると考えられます。
洋服に関していえば、より幅広いデザインに挑戦ができると思います。
視野・考え方を広くして自身の基準を見直すことも大切です。