基本的にnoteは楽しく書くのが一番です

ビジネスにつなげたいときや、「いいとこ取り」をしたいときは、「読まれるnote」を目指したいものです。
最近、「読まれるノート」の書き方について聞かれたことがありますが、私は「読まれるノート」を3つ書いています。

そこで、最近、ノートの書き方について聞かれることが多くなったので、「読まれるノート」の3つの条件を簡単に紹介したいと思います。

(1)発見があること
当たり前のことですが、発見が多いノートは読まれます。

え?そうなんだー。こんな考え方があったんだ!」。
という人もいるでしょうし、「発見と言われても何も見つからない!」という人もいるでしょう。
でも、探せば必ず見つかります。

例えば、パン屋さんで働いている人が「パン屋さんの意外と大変な一日」という記事を書くかもしれません。

ゲームばかりやっている人が「ゲームにハマったまま1週間外出しないとどうなるか」なんて書いたら、他の人にとっても発見があるはずです。

同じゲーマーの人は「あるあるネタ」として楽しめるかもしれないし、ゲーマーでない人は「ゲームってこんなにハマるんだ」と思うかもしれない。

特別なことを書く必要はありませんし、発見も些細なことでいいんです。例えば、これは私の記事なんですけどね。

このノートは、取材で聞いて「確かに、これはいいかも」と思った話をまとめたものです。

エピソードやネタでなくても、ふと思ったことや日常生活で気づいたことを書いてみると、意外な反響があるかもしれません。

(2)何か得るものがある
何か役に立つことを書くのもよいでしょう。
読み手にとって「おみやげ」になるようなことを書けば、読まれる確率が高くなります。
グルメな人は、「今こそ行くべき!」というような記事を書くとよいでしょう。予約の取りにくいレストラン100選」を書きます。会計士が「1ヶ月で簿記3級に合格する方法」を書く。これは使える!” ブックマークしておこう!」と読まれる確率が飛躍的に上がります。

例えば、上記のノートは、「読みやすい文章を書くために使えるアイデア」を書いたので、多くの人に読まれたのです。

(3)その人が書く必然性があること。
これは見落とされがちです。

「必読のノート」を書こうとすると、ビジネスノウハウやビジネスモデル分析など、プロが書くようなことを書いてしまいがちです。

しかし、その人が書く必然性がないと、「それならもっと詳しい人がいるはずだ」「そもそもこれを書いている人は誰なんだ」と思われてしまう恐れがあるのです。
書いている本人に必然性がないと、読者から「それならもっと詳しい人がいるに違いない」と思われる危険性があります。

読者は書く内容も見ますが、誰が書いているかも見ているのです。だから、「どんなテーマなら読者は自分の作品を読みやすいか?とか「自分にはどんな強みがあるのだろう?

という “自分なりの講義 “をイメージすることがヒントとなります。

私はよく、テーマに迷っている作家さんに、「あなたが100人を対象に講演会を開くとしたら、どんなテーマにしますか」と言います。テーマに迷っている作家さんには、よくこう聞きます。

広報の方なら「広報を◯年やってきて、メディアに取り上げてもらう方法」という講演をするかもしれません。営業職なら、「意外と難しい成約術を教えます」かもしれません。

ノートに書くことばかり考えていると、お客さまが見えないのでテーマを見失ってしまいがちです。でも、講演をすることをイメージすれば、実際のお客さまの顔が見えるので、自然と自分に合ったテーマが見えてきます。

私の場合、10年以上編集者をやっているので、編集者という立場を生かして、執筆や編集に関するメモをたくさん書いています。

意外と重要な「読後感」
上記に加えて、「読後感」も重要です。
文章が好きか嫌いか、シェアされるかされないかは、読後感の良し悪しで決まると思っています。(これはあくまで仮説なので、事実とは異なるかもしれません)。
私自身は、結末がとても良かったり、ちょっと感動したりすると「シェアしようかな」「いいね!」と思うのですが。

ちょっと生意気かもしれませんが、最後にいい話や名言を入れたり、自分の熱い想いや教訓で締めくくったりするようにしています。そうすることで、読後感がよくなり、作品をシェアしてもらえる確率が高まります。
読まれるnoteの書き方、作り方教えます